法令データ提供システムがWebで提供する条文データをエクセルに取り込むためのソフトです。民法、会社法、憲法、刑法、農地法、特許法から各種経済法令、環境関連の法令、建築関係の法規、教育法規、廃棄物法令等まで総務省の法令データベースにある法令集・法規集を整形した上Excelに取り込めます。これで毎年六法を買わなくてもすむかも? 弁護士・司法書士・税理士・社会保険労務士・行政書士など法曹実務家や受験生必携!

現在位置: ソフトウェアライブラリ > フリーソフト―エクセルで条文! > マニュアル > 『エクセルで条文!』の使用上の条件(運用要件)

『エクセルで条文!』の使用上の条件(運用要件)

『エクセルで条文!』を正常に機能させるために

 『エクセルで条文!』には使用上の条件が2つあります。設定ファイル(iniファイル)の取扱い方とエクセルのツールバーの名称に関してです。

設定ファイル(ini ファイル)の保存先

  本ソフトをダウンロードすると、jobunseikei.lzh という圧縮ファイルができます。

 圧縮ファイルの中身は、以下の4つで、解凍先はどのフォルダでもかまいませんが、jobunseikei.xla と jobunseikei.iniは同一フォルダ内に置いて下さい。

  • jobunseikei.xla(本体 エクセルアドイン)
  • jobunseikei.ini(設定ファイル)
  • 必ず読んでね.txt(このファイル)
  • 条文取り込みのサンプル_民法と民訴.xls(本ソフトを使用して取り込んだ条文のサンプル)

エクセルのユーザー設定のツールバーの名称制限

  Excel では、独自のツールバーを作成することができます(Excel2003まで)。

 本ソフトも Excel のこの機能を利用して専用のツールバーをソフト起動時に自動生成しています。

 この際、ツールバーの名称として「horeideta_torikomi_sofuto」 という名前を使用しています。

 Excelの仕様上、この名称と同じツールバーを作成すると、エラーが発生します。

 したがって、本ソフトのご利用後は、同じ名称のツールバーを作成しないようにしてください(名称が重複しないようにわざと長い名称にしているので、まず同一名称のツールバーを作成することはないとは思いますが、念のため)。